007 慰めの報酬


対応機種プレイステーション2
発売日2009/03/26
価格6800円
発売元スクウェアエニックス

(c)1962-2008 SQUARE ENIX / ACTIVISION / eurocom / Danjaq
戻る

このプレイステーション2版「007 慰めの報酬」は、同時発売されている他機種版とは別物の内容となっている。

たとえば、このゲームは「コールオブデューティ4」のシステムエンジンを活用していると書かれているが、プレイステーション2のスペックでは扱えないので、使われていない。
ジャンルも、一人称視点のファースト・パーソン・シューティングではなく、サード・パーソン視点であり、操作方法も全く異なる。

ステージ構成は、他機種版のものと同じ物を題材としているため、似てはいるが、ジャンルが違うことやハードスペック上、構造はかなり独自の味付けを施されている。主に派手目のシーンだったり、スペックを求められるような複雑な場面において、ステージ自体を廃止したり、あっさりした演出に変更するなどしている。その代わり、PS2版だけのオリジナルステージも存在する。
敵から隠れながら進むステルスステージの割合が圧倒的に多く、三人称視点のせいか、ギミックを駆使して進めていくシチュエーションがかなり多い。
その代わり、銃撃戦周りは、複雑な処理計算が出来なかったのか、かなり簡素な作りで、この貧相さをカバーするための物と思われる。

グラフィックがお粗末な出来映えで、汚い。プレイステーション2であることを考慮に入れてもである。
ゲーム中のかけ声などの音声も、圧縮がかかっていて臨場感に乏しく、解像度も低い。いくら一世代前のプレイステーション2でも、もっとクオリティの高いものは作れるだろう。
まるでハード発売初期レベルの作品である。

理不尽な作りの部分がちょっと目立つ。チェックポイント(定位置復活型のゲームである)がかなり多く設定されているので、嫌らしさは少ないが、
もっと丁寧にバランス調整をして欲しかったところだ。
しかし、全体的に難易度は他機種版よりもかなり低い。ゲーム開始時のチュートリアルステージも、他機種版より丁寧で好感が持てる。

場面転換やゲームオーバー後のロード時間が長く、ストレスを溜める。もうちょっと何とかして欲しい。

操作性は、同ジャンルの「バイオハザード4」なんかと比べると、圧倒的に複雑で、操作キャラクターの動きも独特で取っつきが良くない。
壁に張り付いて銃撃したり、アクションは豊富ではあるが、ごちゃごちゃとしていて、そのぶん求められるプレイスキルも高い。色々な要素を詰めて、洗練された操作形態を用意して欲しい。

他機種版では、オンライン対戦モードがついているが、プレイステーション2版には入っていない。とりあえず007の劇場版封切りにあわせて、複数の機種で横並びに発売して売ろうという魂胆だろう。そこで結論。

007の名を借りただけの駄作(まあ、このゲームに限っただけじゃないんですが)。





[2009/04/03]
戻る

inserted by FC2 system