007 慰めの報酬


対応機種Wii
発売日2009/03/26
価格6800円
発売元スクウェアエニックス

(c)1962-2008 SQUARE ENIX / ACTIVISION / treyarch / Beenox / Danjaq
戻る

Wii版の「007 慰めの報酬」は、プレイステーション3/Xbox360版を、Wiiの性能にあわせてグレードダウンして作られた内容になっている。
基本的なステージ構成は、同じだが、グラフィックや造形がローポリゴンになり、各種エフェクトも質素に、プログラムや細部にわたる仕様も異なる作りになっている。

また、ネットワーク対戦モードも、スペック上の関係か、本来最大12人対戦まで可能だったものが、最大4人対戦までとなっている。
しかし、ゲームの面白さは人数の多さに比例する物ではない。これらの要素だけを見て、ゲームの出来が悪いと決めつける物ではない。

Wii版最大の利点は、Wiiリモコンによる直感的な操作性である。
以前任天堂が出した「メトロイドプライム3 コラプション」のように、ヌンチャクで移動しつつ、ポインターで照準を動かしねらい打つという操作性は、
他機種版で、コントローラのスティック操作で操作するよりも、圧倒的に敷居が低く、遊びやすいのである。

遮蔽物に張り付いて銃撃する、近接攻撃(テイクダウン)など、アクションが多く、Wiiの洗練されたコントローラを使ってもなお、煩雑さが漂うところは改善されていないが、
2つのスティックと沢山のボタンをフル活用して操作する他機種版と比べると、とっかかりはだいぶ良い。

ただ、このWii版は、おそらく、「コールオブデューティ4」のシステムエンジンは使えず、自前でエンジンを組み込んだのだろう、銃撃戦周りの挙動が他機種版より大味で、
敵が馬鹿な動きをしたり(障害物に引っかかったまま同じ場所で無防備でとどまっている、各敵兵それぞれ定められたルーチン通りにしか動かないetc)、ヘッドショットが狙いづらくなっていたりする。

映像のクオリティなんかは大幅に、見違えるほど落ちており、臨場感に乏しい印象を与えるかもしれない。ファースト・パーソン・シューティングは、高いコンピュータスペックを要求するジャンルである。
だが、ゲーム内記号として見た場合、一目で構造を把握しやすく作られており、操作性の良さとあわせて、インターフェイスの良さに関しては際だっているだろう。

ザッパーコントローラにも対応しており、ガン・シューティングの気分を存分に味わえる。「リンクのボウガントレーニング」を出しておいて良かったね任天堂。
こういうゲームを見ていると、描画性能はさておいて、ファースト・パーソン・シューティングの操作性に関して、圧倒的に優位に立っているこのゲーム機を、もっと上手に使うことで、Wiiの独壇場にすることが出来るポテンシャルを秘めているのではないだろうか。
危惧されている、ハードスペックの問題も、Wiiというゲーム機は悲観するほど低い性能のゲーム機ではない。任天堂製の作品を見ていると、サードパーティがまだまだハードを使いこなせていない印象がある。

別の機種でも同時発売されているこのタイトルだが、この手のジャンルに疎く、どの機種のを買えば良いか迷ったら間違いなくこれを買うべき。そこで結論。

FPSの知名度を引き上げるチャンスはまだまだ眠っている。





[2009/04/05]
戻る

inserted by FC2 system