アルカエスト


対応機種スーパーファミコン
発売日1993/12/17
価格8800円
発売元スクウェア

(c)1993 SQUARE / HAL Laboratory
戻る

一言で言うなら「ゼルダの伝説」タイプのトップビューアクションRPG。

ゲームとしては全体的にB級の雰囲気で、どの要素もなんとも面白味がない。困ったものだ。
ステージの最後にはボスがいて倒すことで、また、宝箱に入っているパワーアップアイテムを入手することで、プレイヤーは徐々に強くなっていく。

だけど、装備が変わっても大して強くなった感じがしないし、何より操作性がイマイチ悪くて、動きが良くない。

冒頭で「ゼルダの伝説」と例えたのだが、どちらかと言うと「サーク」にプレイ感覚は近くて、アクション部分は大雑把で魔神や仲間の必殺技でごり押しできちゃうし
動きが良くないので、まともに戦おうとすると、かなり疲れてしまう。そのためどうしても力押しに頼りがちになる。

難易度は終盤を除けば低めで、サクサク軽快に進むのだが、ザコ敵が画面を移動するとすぐ復活してうざったいことと、
ステージをクリアする手順として、キーアイテム集めを求められるが、ストーリーの味付けが下手くそで、探索しているというよりやらされてる感じが非常に強く、冷める。

ストーリーもこれと言った水準でもなく、見所がない。そこで結論。

これと言った見所のない大味な凡作。





[2017/03/02]
戻る

inserted by FC2 system