アルナムの牙 獣族十二神徒伝説


対応機種PCエンジン(SUPER CD-ROM2)
発売日1994/12/22
価格8300円
発売元ライトスタッフ

(c)1994 RIGHT STAFF
戻る

原案、監督、企画のすべてをイラストレーターの木村明広が取り仕切る意欲作。
エメラルドドラゴンを作り上げたライトスタッフ制作による渾身のファンタジーRPG。

美形キャラクターを豪華声優が演じ、要所要所ではビジュアルシーンで派手に盛り上げる。
まったくもって、PCエンジンらしいゲームとなっている。

しかし、ゲーム部分の作りがかなり大雑把でいい加減きわまりなく、まともに遊べたものではない。
ビジュアル以外の、イベントシーンの処理は、適当にもほどがあるひどさで、突然キャラが消えたり出たり、設定上はいるはずなのに、画面には表示されてなかったり、
逆に、ダンジョンに話しかけることすら出来ないキャラがぽつんと置いていたり(幽霊のようなので幽霊現象と勝手に命名していた)、もうそこかしこにありえないほどのバグ持ちだらけで、呆れるばかり。
さいわい、フリーズしてしまうものは数えるほどなのは救いだが、それでも特定の魔法を使うと必ず止まったり、特定の条件下でとった行動によって、フラグが壊れて、先に進めなくなってしまう劣悪なものも目立つ。
こまめにセーブすれば、幾分予防はできるものの、意図的にセーブできない長丁場を要求されるところもあり、困ったところだ。

戦闘は、気法(魔法)が極端に強く、ほとんどバランスは崩壊状態。おまけに、パーティが頻繁に入れ替わるのだが、適正レベルで入ってくるので、レベル上げの必要も無い。
ちなみに、普通に遊んでいても、仲間のレベルに主人公が追いつけず、まったく戦力にならないという主役の面目丸つぶれな急勾配さには笑えた。
エンカウント率が高く、強敵よりもむしろ、長いダンジョンを攻略する方が難儀という、随分と時代遅れの作りである(意図したものではないと思うが)。
気力(MPのようなもの)の消費が激しいので、まともにやり合う方がばかばかしかったり、とにかく戦闘は遊べたものではない。足を引っ張っているだけ。

ストーリーもまあ、ご都合主義だ。シナリオのおもしろさを全面に押し出してるが、それよりも、登場キャラクターの魅力の方が勝ってるように思う。っていうか、このゲームの楽しみどころはそこが全て。
よくもまあ、こんなに濃く面白いキャラをそろえたものだ。

残念なのは、ビジュアルシーンの量が少なく、テキストやボイスだけのやりとりが多い点。なまじビジュアルシーンの作画クオリティの高さが際だっているので、もっと見せてくれよと思ってしまう。
挿入タイミングも、もうちょっと頻度を上げて欲しかったなあ。ゲームボリュームもそれほど多くないわけだし。

コズミックファンタジーもそうだが、絵師主導のRPGなんてのは、こういう作風になる傾向があるらしい。
しかし、その方面での作りは下手に出来が良いので、惜しい!という感想を持ってしまうのだ。

エメラルドドラゴンのPCエンジン版は、ゲーム畑の人間がしっかり作り込んだので、なかなかに遊べるゲームとなっていた。
本作にも、そこまでのレベルのものを期待したのだが、やはりライトスタッフの開発力では厳しかったようだ。

(PC-E版)エメラルドドラゴンの続編にはなり得なかったか…残念。





[2006/06/13]
戻る

inserted by FC2 system