アクスレイ


対応機種スーパーファミコン
発売日1992/09/11
価格8800円
発売元コナミ

(c)1992 KONAMI
戻る

「グラディウス」のコナミが送る、スーパーファミコンオリジナルのシューティングゲーム。
縦横スクロールのステージが交互に展開する「沙羅曼蛇」を髣髴とさせる作りに嫌でも期待が高まる!

シューティングを得意とするコナミらしく、当たり前のように完成度が高い。
しかも、スーパーファミコンのゲームとしてみても非常に高いクオリティを出している。

特に、縦スクロールステージは、奥に地平線が見える擬似3Dになっており、その臨場感、立体感が素晴らしく良く出来ている。
この水準のゲームが、マイナータイトルとして終わっていってしまったのが本当に勿体無いくらい。

ゲームシステムは、ステージ開始時に、メインウェポン、サブウェポン、ミサイルの3つに、それぞれ武器を選び装着させる。ゲーム中は、3つの武器を切り替えながら進めることが出来る。
武器の種類はステージが進むごとに増えていき、選択バリエーションが増えていく。

コナミのシューティングと聞いて連想する、「グラディウス」のパワーアップカプセルや、「ツインビー」のベルパワーアップとは異なり、ステージ中に自機強化するような要素は入っていない。

シールドやバリアといった武装は無いため一発アウトだが、自機を大破させるようなぶつかり方をしなければ、装備している武器が破損するだけで、即アウトにはならない。
武器は3つまで装備するので、致命傷でなければ4回まではあたっても大丈夫になっている。
その代わり、武器を犠牲にしてしまうので、自機はどんどん弱くなっていき、不利な状況でのプレイを強いられる。

難易度は、高すぎず低すぎずの絶妙なところにある。

コナミ特有の覚えゲーの色が濃いために、最初は難しく感じられる。正直、シューティングとしては地味な部類で、取っ付きも良くない。
だが、ステージ構成をしっかり理解し、装備する武器の選択、そしてその使い分けの攻略が見えてきてから、俄然面白くなってくる。

地形やギミック、敵配置がしっかりしていて、ただ単に弾をばらまいてくるような難しさではなく、練り込まれたステージ構成なので、しらけるところがない。
さすが「グラディウス2」という名作を生み出した会社である。この絶妙な完成度は、他には真似できないと感心させられる。

確かに派手さはなく、爽快感にも乏しいが、グラフィックや演出といった絵作りは、文句の付け所がないクオリティで出来上がっている。勿論音楽も良い。
また、各ボス戦では、特殊プログラムを組んでおり独特の動きを見せつけてくれる。この辺はさすがコナミ!!と拍手を送りたくなる。

全6ステージ。シューティング好きにも、そうでない人でも白熱する楽しさを提供してくれるだろう。そこで結論。

シューティングのツボをしっかり抑え、SFCの性能もしっかり引き出した傑作。





[2016/04/13]
戻る

inserted by FC2 system