バルーンファイト


対応機種ファミリーコンピュータ
発売日1985/01/22
価格4500円
発売元任天堂

(c)1984 Nintendo
戻る

風船を使って空中を浮遊し、同じくフィールド内にいる敵の風船を割って蹴散らしていくアクションゲーム。

このゲームは、敵味方含めキャラクターの慣性がかった挙動が非常に良く出来ている。良くファミコン初期のゲームでここまで自然に空中を浮遊している感覚を出せているものだと感心してしまう。
言わずと知れたファミコン初期の名作ゲームの1つである。

ステージは1画面固定式で、プレイヤーと同じように、風船を持って空を飛び回っている敵の風船に体当りして風船を割り、落下しているところをさらに体当りして止めを刺す。
画面上のすべての敵がいなくなったらステージクリア。
一定時間過ぎると、雲から雷が放たれたり、ゲームルールも非常に完成されたものとなっている。
2人同時プレイも可能となっているのが、当時としては豪華であった。

おそらく通常モードより有名なのが、延々と左にスクロールして、雷をひたすら避けながら風船を取ってハイスコアを目指していく「バルーントリップ」モードであろう。
ある意味こっちが本編といっても言い過ぎでない面白さや存在感を出している。

どのモードも、恐ろしいぐらい単純なゲームなのだが、なぜか夢中になってしまう魅力がある。
自分の風船を守りながら、敵の風船を割って倒すというユニークな設定だったり、やはり、空を飛んでいる浮遊感が非常に良く出来上がっているせいなのだろう。
ゲームルールは非常に単純なのにキャラクタの挙動に奥深さがあり、何度でもプレイしたくなる。不思議なゲームだ。そこで結論。

技術力の高さとゲームの面白さが直結しているお手本的作品。





[2012/01/31]
戻る

inserted by FC2 system