ボンバーマン2


対応機種ファミリーコンピュータ
発売日1991/06/28
価格5800円
発売元ハドソン

(c)1991 HUDSON SOFT
戻る

ファミコン黎明期に発売された名作「ボンバーマン」の続編である。
少し前にPCエンジンでも発売されているが、ファミコンではまだ2作目となる。

PCエンジン版では、最大5人までの対人モードが付いて、なかなかの盛り上がりを見せた。
もちろん本作でも対戦モードが付いており、5人とまではいかないが、最大3人まで同時に対戦が出来る。

従来のステージをクリアしていくタイプのノーマルモードもある。
ストーリー性が強化され、ステージ構成も緑の床に白タイル一色ではなく、エリアごとに複数のバリエーションを用意している。
1エリア8ステージで構成され、一つのエリアをクリアすると合間に一枚絵のビジュアルが入る。

しかしゲームとして根本的な目新しさは見られず、グラフィックや敵の種類が増えた程度で、これといった進歩が見られないのが残念。
逆に無難な作り込みが、淡々とした印象を生み、何度も遊ぶ気にはなれない。

第一作目では、ファミコンブーム絶頂期で、「壁抜け」や「無敵」「リモコン爆弾」という当時流行っていた裏技を具現化した夢のようなギミックが、強烈なインパクトを与えた物だ。
隠しアイテムも豊富に用意され、まず自力では見つけることが出来ない(伝聞で広まるのを狙ったのだろう)ボーナスアイテムを隠し仕込むというしたたかさもあった。

それに比べると本作は実に寂しいできあがりで、少し前に出たPCエンジン版とも比べると、貧弱なクオリティで、存在意義が問われる作品である。
一作目のゲームアイディアに乗っかっただけの雑なゲームである(プラスアルファはあるもののこのゲーム独自のものでもないし)。そこで結論。

無難な駄作。





[2009/04/11]
戻る

inserted by FC2 system