カコマナイト


対応機種スーパーファミコン
発売日1992/11/21
価格7800円
発売元データム・ポリスター

(c)1992 DATAM POLYSTAR
戻る

タイトーの陣取りパズルゲーム「クイックス」を題材にしたゲーム。
独自の世界観とキャラクターを織り込み、毛色の変わったデザインになっている。

ゲームルールは原作とかなり異なっており、クイックスに相当するキャラ(いわゆる敵キャラクター)がいようがいまいが、囲んだ部分の比率が低い方の部分が優先されて占有される。
そのため、一発囲みというクリア方法は出来ない。
占有される部分に敵キャラクターがいる場合、「倒した」ことになり、一瞬間をおいてすぐに復活する。
敵によっては、占有した部分にも進入したり、囲んでも倒されないものも存在する。

2人同時プレイも可能で、協力プレイと対戦プレイの2つのモードが別途用意されている。

キャラクターを3人から選ぶことが出来て、それぞれ性能が異なっている。
囲む時の速度が低速の男キャラクター、逆に速度が速い物の細かい動きが出来ない女キャラクター、極端に移動速度が遅いが囲んでいる最中に敵が線にぶつかってもミスにならない(一部の敵のみ)ロボット等。

ステージ開始時からスパークスに相当する敵がいたり、序盤はクイックスに相当する敵が存在しないなど、大胆な作りである。

ステージ上にはアイテムの入った宝箱が隠されており、囲むことで入手、一定時間無敵になったりスピードアップしたりと、「ヴォルフィード」の要素も若干ながら入っている。

パッケージやカセットのラベルに描かれた絵はイマイチだがゲーム上の絵の方はそこそこ綺麗である。

不満点や欠点も多い。
処理落ちが頻発し、特に囲んだ直後の硬直時間が妙に長く、テンポを悪くしている。
プレイヤーキャラクターの描き方が悪く、どこを動いているのかがわかりにくい。位置によって向きを変えたりするのも原因の一つだと思う。
終始ゲームバランスが良くない。特に終盤は、クリア条件の占有率が高い上に、開始直後から高速に動くスパークス相当の敵キャラが徘徊し、クイックス相当の敵キャラも悪質な動きをする。
ステージ上においてあるアイテムが見えないので、そういった要素があったとしても上手に活用することが出来ないのである。なんとももったいない作りだ。

シンプルなゲームなのに、モニターチェックやパッドチェックといったオプション項目が妙に充実している辺り、変わったゲームである。そこで結論。

原作をもっと研究して欲しかった。





[2009/04/14]
戻る

inserted by FC2 system