クレストオブウルフ


対応機種PCエンジン(SUPER CD-ROM2)
発売日1993/02/26
価格6800円
発売元ハドソン

(c)1991 1993 HUDSON SOFT / WESTONE
戻る

いわゆるファイナルファイトブームに便乗したようなゲーム。

ハドソンから発売されてるが、おそらくウエストンがアーケードかどっかで出してたゲームの移植だろう。
音楽こそCDの生音だが、デモ画面では喋らず字幕のみだし、絵のタッチもハドソンらしくない。

2人のプレイヤーキャラから選ぶのだが、小柄の男と大男。定番といえば定番だが捻りがなさすぎる。
2P同時プレイができそうな雰囲気だが、PCエンジン版では出来ないようになっている。

ゲームとしては、ファイナルファイトの劣化コピーの一言で終わってしまう特徴のなさで、特に見るべきところがない。

敵の種類が少なく、フィールドに仕掛けが何もない。武器を拾って使ったりという仕込みが一切無いため、ステージごとの特色がない。
風景だけが違うステージを、適当に出現する敵を掃除して先に進めるだけのひたすら単調なゲームで、とにかくつまらない。

飛び蹴りが非常に強く、ボスですら、遠くから飛び蹴りでハメ殺すことができる。
ダラダラ長いだけでゲームとしても遊べる部分がなく、全体的に動きも良くない。

とにかく雑な作りが目立ち、あまりの芸の無さにがっかりさせられた。そこで結論。

ブームに乗っかった粗悪品。





[2014/10/18]
戻る

inserted by FC2 system