コズミックファンタジー 冒険少年ユウ


対応機種PCエンジン(CD-ROM2)
発売日1990/03/30
価格6780円
発売元日本テレネット

(c)1989-1990 TELENET JAPAN / SIN-NIHON LASER SOFT / KAZUHIRO OCHI
戻る

タイトル画面では西村知美が歌う主題歌が流れ、見せ場のイベントシーンは台詞に声優の声が入り、各所でアニメーションが流れる。
PCエンジンCD-ROMの性能をふんだんに活用した豪華絢爛RPG「コズミックファンタジー」だ。

ハドソン「天外魔境 ZIRIA」とともに、CD-ROM初期に開発された数少ない大作RPGということもあり、非常に話題となった(そして、続編が制作されていくこととなる)。

しかし、まだCD-ROMを用いたゲーム制作が浸透していなかったこともあり、ポテンシャルを完全に発揮出来た完成度とはとてもいいがたい水準だ。

まず、自慢のアニメーション映像は、越智一裕直々に作画、演出などを担当しているためか、クオリティが非常に高い。
そして、PCエンジン向けのRPGで、ヒロインキャラのサービスカット(お色気)がお決まりのように挿入されるようになったのは、おそらくこのゲームがきっかけだと思われる(笑)。

今指摘したように、一見するとCD-ROMの機能を発揮した、華やかなRPGに見えるだろうが、肝心のゲーム自体のクオリティに突出したものはなく、ぶっちゃけファミコン(PCエンジンではHuカード用)RPGに毛が生えた程度のものだ。
バトルシステムやゲームバランス、インターフェイスはいい加減だし、加えてCD-ROMの弱点であるディスクアクセスが長い。
ゲームとしてのストーリー構成も適当で、アニメーションで勢いごまかしがちである。

まだ、アニメが流せる!セリフを喋らせることができる!といった機能を試しているだけといった作りで、各要素が連携して完成度を高めているようなところはない。
各々の要素がバラバラに存在していて、プレイ感覚としては、イベントシーンでアニメが入っているぐらいで、それ以上のものはない。BGMもCD音源は使っておらず内蔵音源だけである。

純粋にRPGとして見た場合、こなれてない部分が多くあり、戦闘は作業的で大雑把だし、ダンジョンはありきたりで面白い仕掛けは皆無で、ゲームとしての出来は良くない。

ただ、人気の出そうなキャラクタ(人気声優)、シナリオが他では出せない強烈な強みとして存在しており、シリーズ化される人気を獲得したのは十分うなずける。
逆を言えば、ゲームとしての出来が悪くても、キャラクタやシナリオ、アニメの出来さえ良ければ売れると錯覚させた作品とも言える。そこで結論。

ゲームとしては平凡でイマイチでも、色んな意味で後世に影響を与えた作品。





[2013/10/14]
戻る

inserted by FC2 system