コズミックファンタジー4 銀河少年伝説 激闘編 光の宇宙の中で…


対応機種PCエンジン(SUPER CD-ROM2)
発売日1994/11/25
価格7600円
発売元日本テレネット

(c)1994 TELENET JAPAN / KAZUHIRO OCHI
戻る

「コズミックファンタジー4」の後編にあたる作品。
今回は、2の惑星イデアを舞台に、2の主人公、バンとリムが主役となって活躍する!!

ゲームシステム及びプログラムは、前編である「突入編」がベースとなっている。
ただ、エンカウント率の高さが若干ではあるが直されているなど、前作で不満点として挙げられていただろう点で、多少改善している部分はある。
が、目立った改善といえるのは、エンカウント率ぐらいで、それ以外は相変わらずの出来の悪さだ。

ゲームバランスが悪い、パーティメンバーの入れ替わりが激しい、ゲームの展開が強制的でプレイヤーにとっては不親切な所が非常に多い。、
また、これはシリーズ全体に言える不満点だが、シリーズ1作目や2作目をプレイしていないと、置いてけぼりを食らってしまうストーリーの描き方は、正直よろしくない。
(このゲームに関しては、アドバタイズデモや最初のADVパートで、2のあらすじを丹念に解説してくれるが、それだけではフォローしきれていないところがある)

前作の不満に出ていたのだろうが、今作はその反動で回復ポイントとセーブポイントが過剰すぎるぐらい配置されている。
だが、ここにセーブポイントが欲しい!!というところに、なかったりなど、開発期間が足りなかったのか、抜けているところや使い回しのボスなど目立つ。
(やはり二部構成という開発体制が難しかったのか、ゲームのボリューム的にも物足りず、遊んでいてもきつそうな印象が伝わってくる)

預かり所が廃止されたのに、アイテムの種類が増えたせいで、アイテムが持ちきれず、泣く泣く捨てることになる。困ったものだ。

RPGパートは、もう論外といえるほど遊べないものだが、安定してビジュアルシーンの出来が良い。
本作も大半のイベントは、ボイスのみのチープなやり取りばかりだが、ここ一番の盛り上がるシーンでは、かなりの尺を使ってビジュアルシーンにしており、そしてクオリティがとても高い。
前作でも言ったが、もうRPGじゃなくてデジコミでいいんじゃ?と言いたくなるぐらい、ある意味もったいない。
(寧ろ、ADVやデジタルコミックだと、このストーリーでも許せてしまう。RPGだとどうにも冷める展開になってしまっているのが良くない)

このシリーズは、RPGパートの壊滅的な出来の悪さが問題なだけで、そこさえちゃんと出来ていれば、何の問題もないシリーズなだけに、本当にもったいない内容になってしまっている。
徳間書店「PCエンジンFAN」とタイアップしているのに、肝心のゲームがこの出来では、かなり損していると言わざるをえない。そこで結論。

ゲームとしては失敗している作品。





[2017/04/03]
戻る

inserted by FC2 system