ドラゴンクエスト4 導かれし者たち


対応機種ニンテンドーDS
発売日2007/11/22
価格5490円
発売元スクウェアエニックス

(c)2007 SQUARE ENIX / ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / KOICHI SUGIYAMA / ARTEPIAZZA
戻る

DS用「ドラゴンクエスト4」は、6年前リメイクされたプレイステーション版に準拠した内容になっており、
これといった追加要素は無いが、操作性などが見直され、さらに快適にパワーアップしている。

下の画面にプレイヤーが表示され、町やダンジョンなどでは上の画面もフィールドが表示され、カメラの回転を利用すれば、据え置き機よりも広い視野を確保出来る。
任天堂「ヨッシーアイランドDS」のように、2画面の離れた部分が隠れるような表示ではなく、単純につなげた表示なので、イライラすることはない。
そもそも向こうはサイドビューアクションなので、使い方が悪いと一概に批判出来ないが。

タッチパネルを意識したアイコン表示などのウィンドウレイアウトが取られているが、一切タッチ操作に対応していない。
開発途中までは、タッチペンでの操作も念頭に置いて作られていた感じがする。推測だが、完成したものがよほど駄目だったか、無い方がいいという堀井氏の考えが反映されたのではないかと思う。
狭い画面をうまく駆使して見やすくするよう頑張ってると思う。

プレイステーション版とこれといった違いが無く、書くことが特にないのだが、強いて言えば快適さが格段に違うと言うことが特筆出来る。
正直言って両方並べて比較してみないとわからないレベルなのだが、まず壺などの持ち上げアクションが廃止されて、すぐに割れて調べることが出来るようになったところ。
カメラの見下ろし角度が変更され、手前の壁がリメイク版「ドラゴンクエスト5」同様に消されて表示されるため、見やすく改善されている点。
戦闘時のメッセージ速度の最速を選択することで、自分でメッセージ送り出来てテンポが格段に上がった点、また、ROMなので当然ながらディスクアクセスがない点が挙げられる。
逆にボタン数の減少で、カメラ回転を45度ずつ回転出来る機能を持たせたボタンが存在しないことは残念だ。

売りの一つとしてタイトル画面のBGM「序曲」についてはオーケストラ演奏版を収録と紹介されているが、ゲーム中の音楽はすべて内蔵音源なので、実際は恩恵が無い。

プレイステーション版を既に体験済みの年長ユーザーが、またわざわざ買って遊ぶモンではないが、リメイク版から数えても6年という時間を考えれば、今回の移植を焼き直しと一蹴するにはいささか渋るところでもある。
前述した改善点や、戦闘画面のキャラグラ、ゲージの追加など、厳しい制約の中で、極力わかりやすく見やすさを意識した制作スタイルには好感が持てる。まあなんだかダメージ表示に飛び出す数字が出たりXボタンがメニューボタンだったり、FFっぽすぎな気もしないでもないが(それだけFFが優秀なインターフェイスを持っていたともとれる)。

しかし残念なのは、パッケージデザインのやる気のなさである。金銭的な問題なのか、普段は鳥山明の書き下ろしイラストだったはずなのだが…。
余談だが、なんとなく感じたのだが、PS版よりさらに難易度落とした?それでも十分オリジナルのやりごたえは残っているが。
そこで結論。

DSから入った新世代に送る。まだやってないなら四の五の言わず遊べ!





[2007/12/05]
戻る

inserted by FC2 system