ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2


対応機種ニンテンドーDS
発売日2010/04/28
価格5490円
発売元スクウェアエニックス

(c)2010 SQUARE ENIX / ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / KOICHI SUGIYAMA
戻る

魔物使いとなって、最強の魔物を作り出すのが目的の人気シリーズの新作である。DSでは2作目となる。

前作は、とりあえず何とか形にしたというレベルだったが、あれから4年経った本作は、ニンテンドーDSのハードウェアを底まで叩いて、遙かに高いクオリティを実現している。
グラフィックはより綺麗に描き込まれ、快適になったメニュー操作、歩行速度のアップなど、処理速度が大幅に向上したことで、操縦性は格段に良くなった。

特に音質が凄くいい。まず目に付いたのがBGMだった。これを開発しているメーカー(トーセ)は、ドラゴンクエスト9の音楽パートを担当している。
他のニンテンドーDSソフトと比べても、質が高い。ドラゴンクエスト9制作時のノウハウが遺憾なく発揮されている証拠といえる。

大元のゲームシステムに大きな違いはなく、荒削りだった前作の改良や改善がメイン。勿論ストーリーや世界観は完全新作だ。
説明不足の感があった、システム周りの説明は、メニュー画面にヒントの項目が追加され、丹念に解説してもらえるし、いつでも読み返すことが出来る。
また、どこでもセーブが可能となり、ルーラの使い勝手もかなり良くなり、行きたいところへほぼ瞬時にアクセス出来る。

サブイベントの一つ「スカウトQ」は、強いモンスターを作る指針の一つとなっていて、迷った時の助け船の役割を果たしている。

配合してモンスターを強化するが、生まれたモンスターはレベル1からとなり、そのたびに経験値を稼いで育てなければならないが、今作では経験値を沢山くれるメタルスライムやはぐれメタルが序盤のフィールドから配置され、しかも割と楽に戦える(倒せる)ようになっているので、前作のように経験値稼ぎが苦にならない。
ゲームバランスも中々良く出来上がっており、ストレスを与えるところが無く、気持ちよく遊ぶことが出来る。

メニュー周りのインターフェイスが非常に見やすく使い勝手が良くなっており、取っつきも良く遊びやすい。
ただメニュー項目はアイコンを使っているが、今ひとつなじめなかった。絵で判断するより、場所で覚えてしまうというのは、記号として失格である。
控えに置いている3匹のモンスターのステータスが見づらい印象を受けた。それと、かなり見やすくなってはいるが、ステータス画面はページを切り替えて参照する必要がありまだ煩雑さが残っている。
今作もスキルポイントを消費して特技を覚えるが、戦闘中でないとコマンドの効果を確認出来ないのは、ドラクエシリーズならではの不満点である。苦労して覚えさせた技ががっかりな効果だったときは目も当てられない。
また、特技の説明文が機械的で今ひとつしっくりこないのもドラクエらしくない気がした。

全体的に視覚的に表示している部分が多く、このシリーズも変わったなぁという印象を受けた。
たとえば、戦闘の状況が文章で明示されず、飛び出すダメージ数字とエフェクト、画面上部に出る行動に対する短文(コマンドor効果)のみである。
経験値の取得も、次のレベルアップまでゲージが溜まる表示がされるようになっている。これらを見るに、ほとんどファイナルファンタジーに近い演出である。

ともすれば、これはもう、戦闘シーンの状況を、もうわざわざ文章で表現する必要性は無くなったと判断したともとれる。本編ナンバリングのドラゴンクエストの次回作ではどうなるのか非常に楽しみである。

巨大モンスターや、大型モンスターは、ただ技術的に出来るようになったからやってみたという感じにしか見えなかった。
しかし、巨大モンスターに関しては、シナリオに密接に関わらせており違和感を与えない。今作は1匹で2匹分、3匹分の枠を取る巨大モンスターの要素が登場した。
なかなか面白い試みではあるが、実際は2枠取るデメリットを払拭させるほどの強さを持った巨大モンスターは中々おらず、より強いモンスターを配合で生み出すための踏み台になってしまっている面がある。これは非常に残念だ。やり方次第で戦術の幅が広がる可能性はあった。

非常に丁寧なチューニングで、文句の付け所がない出来映えだ。強いて言えば、モンスター図鑑が無くなってしまったことか。集めたモンスターのリストはある。
ただ、改良や改善ばかりで別段新しいことをやっているわけではないのが残念。目新しさに乏しいのだ。
しかし、問題点を見つけその全てをなくすことでこれだけ印象が変わってしまうのも事実。簡単にやれそうでなかなか完璧に出来ないことだ。
改善だけでなく、ゲームを楽しむ際にあまり必要性に欠ける無駄な要素を一切省いている点も好印象。

最後に蛇足になるが、付け加えると、ドラゴンクエストシリーズではかなり昔からある便利コマンド「まんたん」を自分は、シリーズで初めて多用した。メニュー階層の一番上にあり、一瞬で全回復するのは非常に便利だ。
ここまでやって初めて便利機能と言えよう。そこで結論。

新しさはないが遊べる完成度ではある。





[2010/05/08]
戻る

inserted by FC2 system