ドラゴンナイト2


対応機種PCエンジン(SUPER CD-ROM2)
発売日1992/08/07
価格7400円
発売元NECアベニュー

(c)1992 NEC Avenue
戻る

パソコンでアダルトゲームを生業としているエルフの作品「ドラゴンナイト2」のPCエンジン版。
ジャンルは3Dダンジョン探索RPGだ。

まあ、ゲーム部分は正直いってお飾りで、メインは女の子とのアダルトシーンだ(とはいえPCエンジンなのでキワドイ表現は抑えられるが)。
3DダンジョンRPGとはいえ、こちらは最大3人パーティにまでなるのに、敵は必ず1体しか出現しないうえ、簡単にレベルが上がってまず負けることのない楽な戦闘。
オートマッピングもついているので、マッピングの手間もない。アイテムの数も少ない、ゲーム自体のボリュームもそんなにない。
頭を捻らすほどの謎かけもなく、RPGを期待して買うと、肩透かしを食らう水準と言っていい。
3DダンジョンRPGというジャンルにしたのも、手を抜いて楽に作れるからという理由がでかいと思われる(少ないマップパターンで広大なダンジョンを作れるため)。

その代わり、本編であるお色気要素にはかなり力が入っている。
出現モンスターは全て女性で、倒すとあられもない一枚絵が表示される。呪いを解いて助けると、宿屋でお礼イベントが発生するなど、かなりの凝りっぷりだ。
PCエンジン版では、ほとんどの台詞を喋ってくれるので、かなり贅沢な作りと言える。

一方で、テキストに誤字が多い。
PCエンジンでは台詞に声が付いているが、声とテキストが噛み合ってない部分が非常に多いこと、
しゃべっているキャラと違うキャラが口パクをする、声が付いている台詞と付いてない台詞が混同しており違和感。細かなバグも気になった。
これらはこのゲームの肝となる要素なのだから、できれば丁寧に作って欲しかった。

多少の粗っぽさは気になるが、評判になるゲームということもあり、馬鹿馬鹿しいシチュエーションのストーリーやクオリティの高い一枚絵などそれなりに楽しめるゲームだ。そこで結論。

RPGとしてはいまいち、アダルトゲームとしても規制が入っていまいちだが、それなり。





[2014/09/30]
戻る

inserted by FC2 system