人生8万7000回の食事を楽しくする おいしく極める食通DS おとなの週末編集部厳選のオススメお店情報入り


対応機種ニンテンドーDS
発売日2007/12/13
価格3800円
発売元スクウェアエニックス

(c)2007 SQUARE ENIX / h.a.n.d. / KODANSHA
戻る

食べ物に関する知識と、講談社「おとなの週末」に掲載されたオススメの飲食店が収録されているソフト。
なお、本作品はDS本体を縦にもってプレイする。

縦書きで表示され、たいした情報量も無いのに、頻繁にページ送りを要求される。せっかく縦持ちにしたのだから、縦書きにするならするで、左側にまで文章を載せて欲しい。
ただし、文字が大きめに表示されるので、見やすさに関してはダントツである。

クイズゲームに力が入っており、1200問収録されているが、集中的にプレイされて、数日で解き尽くされてすぐに飽きられてしまうことを懸念してか、一日にプレイ出来る分量に制限を設けている。
しかし好成績を出せば、続けてプレイ出来る。この辺の仕組みがいやらしい。

ストーリーモードに近いモードもあり、とある会社の新入社員となって仕事(クイズ)をこなすというキャラクター性の強いものもある。
ここではナビゲーションキャラと一緒に、食べ物に直接教えを請うというユニークなものになっていて、親しみを持ちやすい内容になっていて良い。

まあ、オススメのお店に関しては、予想通り東京周辺である。つまり地方在住者にはほとんど意味をなさない。
店一つ一つにチェックをつけたり、コメントを書き記したり出来るが、はっきりいってその辺の雑誌でも見た方が利便さでは上である。

食べ物に関しての知識は膨大に収録され、左側に写真を添えたり、ゲームソフトという特性を生かしハイパーリンクをもうけて関連語句に飛んだり出来るというふうに、工夫を凝らしている。
クイズゲームとの連動も含めて、こちらの機能は良くできてると思う。

一度解いた問題や出会った問題が記録されていくモードや、達成度を視覚的に表示したり、頻繁に階級が上がるなど、飽きさせない工夫が見られ、好感が持てる。
クイズもただ選択肢を選ぶだけでなく、自分で一文字ずつ書いて解く(脳トレの文字認識が入っている)ものや、線結びといった種類も豊富で面白い。

これまでのDS:Styleと違ってただ垂れ流すだけでない工夫が随所に見られ、頑張っていると感じた。そこで結論。

面白い。けどもう一押し欲しい!





[2008/01/16]
戻る

inserted by FC2 system