本気で学ぶLECで合格るDS秘書検定2級/3級


対応機種ニンテンドーDS
発売日2009/02/26
価格3800円
発売元スクウェアエニックス

(c)2009 SQUARE ENIX / TAMTAM / TOKYO LEGAL MIND
戻る

「本気で学ぶLECで合格るDS」シリーズの第二弾が、満を持して登場。今作の題材は「秘書検定」である。
DS:Styleシリーズの中でも、この資格取得作品は、なかなかの成功を収めているようだ。

インターフェイスデザインは、全体的に柔らかい、取っつきの良さを重視しており、堅苦しい雰囲気が無い。
ただ、人物画のデザインは、素人くさくてイマイチ好きになれない。

ゲームの流れとしては、まず3級レベルの問題に触れさせ、全てのカリキュラムを合格することで、それまでのカテゴリ全てから出題される卒業試験を受け、これをパスすると、2級レベルの問題に挑戦出来るようになる。
3級に限り、事前に研修モードがあり、簡単な○×問題で、試験前の準備をおこなうことが出来る。2級に進んでしまうと、テストモードのみとなる。

テストモードでは、4択式の問題を解くことになる。ジャケットの裏には、クイズゲームを遊ぶような軽い感覚で勉強出来ると書かれちゃってるが、
問題文が複雑な上に、選択肢も長く読解力を要求される。ちょっとゲーム感覚で学ぶにしては、敷居が高い。

しかし、資格取得のためのツールであるから、これぐらいの障害は覚悟しなくてはならないと個人的には思う。遊びで資格を取得出来れば苦労はしない。

2級/3級と、2つのレベルの問題が一本に収められていることで、お得感はあるものの、実際の所、2級までの取得はそれほど難しくない。したがって、セット売りは当然とも言える。

操作性、インターフェイスには難があり、選びたい選択肢をタッチした後、離れた位置にある選択ボタンをタッチしなければならない点が、快適性を著しく削いでいる印象を受けた。
決定や戻るのボタンが上部に配置されているだけに尚更である。
こういう場合、タッチした項目をタップすることで決定してもらえる操作を入れて欲しいと切に願う。

また、このシリーズは、執拗にタッチペン操作を使おうとするが、この程度の操作なら、ボタン操作の方がストレスを溜めず遊べたと思う。しっかり考えて欲しい物だ。

また、一見すると、登場人物も多くストーリー仕立てで進行するのかと思いきや、その実、クイズを延々と解いていくだけである。はっきりいって単調で飽きやすいと言わざるを得ない。
問題数は少ない物の、反復プレイによって、試験対策は取りやすいものと思う。たとえそれが暗記に頼った物だとしても、合格するための知識を効率的に蓄積出来ればゲームとして成功しているのである。

ゲームをどんどん進めていくことで、階級が上昇していくのもモチベーションを保つための手段として機能していると思う。

ただ、「簿記3級」とは違い、ゲーム中で教科書的な役割を果たすモードは無く、とにかくクイズを解いていくことでしか、知識を貯めていくことが出来ない実践形式の作りはとまどうだろう。
専門書の必要なゲームである。この辺のフォローは欲しかったところではある。そこで結論。

単調だがやる気次第でなんとでもなるゲーム。





[2009/04/08]
戻る

inserted by FC2 system