ダライアスツイン


対応機種スーパーファミコン
発売日1991/03/29
価格8500円
発売元タイトー

(c)1991 TAITO
戻る

3画面筐体という力業で魅了し、アーケードで人気を博している「ダライアス」の家庭用オリジナルバージョン。
さすがに、あの臨場感はスーパーファミコンという環境下では再現出来ないが、クセが無く気持ちの良い操作感覚は継承されている。

ステージ構成は、家庭用オリジナルとなっている。ステージ分岐システムが採用されているが、全12面と業務用と比べボリュームのなさは否めない。

面のバリエーションも乏しく、無難な作りである。
しかし、2人同時プレイが可能であったり、コナミ「グラディウス3」のように、派手な処理落ちが無く、無茶苦茶なハードウェアの使い方をしてない分、綺麗にまとまっている。
ハード初期の作品にしては、多重スクロールの使い方がうまい。ボスキャラクターも、ダライアス定番の魚介類をモチーフとした迫力あるデカキャラを登場させ、なかなか頑張っている。

難易度もかなり抑えられ、誰でも気持ちよくプレイすることが出来るが、最終ステージだけ異様に難しい。
それ以外のステージは、簡単すぎるぐらいなので、丁度良いぐらいだと思われるかもしれないが、全体の統一性から見た場合、極端過ぎるきらいがある。
おまけに、コンティニュー機能が無いので、ストックが無くなったら、最初からやり直しである。
また、オプションの難易度選択にイージーはあるのに、ハードモードが無いのも物足りない。

タイトーの、スーパーファミコン参入第一弾ということもあり、まだ新ハードのソフト開発の練習的位置づけにある製品だったのだろう。そこで結論。

無難にまとまった佳作。





[2009/10/26]
戻る

inserted by FC2 system