エメラルドドラゴン


対応機種PCエンジン(SUPER CD-ROM2&アーケードカード両対応)
発売日1994/01/28
価格7800円
発売元NECホームエレクトロニクス

(c)1994 NEC Home Electronics / Media Works / GRODIA / RIGHT STAFF
戻る

元はパソコン用ソフトで木村明広がキャラクターデザイン、飯淳が脚本として参加して一部で話題となった「エメラルドドラゴン」をPCエンジンへ移植。
移植のスタッフについても、「天外魔境2」の桝田省治、いわさきひろまさという豪華さである。

どうやらPCエンジン版に落とし込む段階で独自のアレンジをだいぶ加えたらしく、
元の作品でストレスとなっていた要素をバッサリ削ぎ込んで、気持ちよく遊べるゲームへと変貌を遂げたようだ。

美形キャラが人気声優で喋りまくり、さらに綺麗なビジュアルで動きまくり見せまくる、という方向性としてはPCエンジンユーザーのために作られたかのようなストライクゾーン入りまくりの内容である。
ビジュアルシーンは木村明広本人が作画をしているだけあって、相当なクオリティの高さで、これ以上のものは描けないってほどかっちりした絵柄だ。

ディスクアクセスも全体的に軽快で、戦闘のバランスもほどよくゲーム自体もテンポ良く進む。
アーケードカードにも対応しているが、無くても十分な快適さである。
周辺のマップを参照出来たり、仲間に相談するコマンドがあったりで、迷うことはまずない。

戦闘シーンは、主人公以外はコンピュータが操作する。このことが逆にパーティメンバーへの感情移入度を高めている。
入れ替えの激しいゲームだが、絶対に外れない主人公とヒロイン以外はレベルも設定されてなく、持ち物は外れる時に全て預かり所に転送されるという些細な配慮が、メンバーの離脱に対するストレスを無くさせてくれる。

ストーリーも正統派ファンタジーとしては及第点をあげれる出来で、ボリュームも中身の濃さについても問題はない。
少々リメイク内容に媚び媚び感が感じられなくもないが、しっかり面白いのだから困ったものである。

丁寧なアレンジ移植によって、誰でも楽しめる傑作。





[2005/09/28]
戻る

inserted by FC2 system