エリア88


対応機種スーパーファミコン
発売日1991/07/26
価格8500円
発売元カプコン

(c)1989 1991 CAPCOM / DAIPRO
戻る

新谷かおるの代表作「エリア88」を原作とする横スクロールシューティング。アーケードで稼動していたものを移植した。

全般にわたって風変わりなシステムを採用しており、敵を撃墜すると得点とお金が蓄積されていき、ステージの合間にお金を使ってショップで戦闘機やサブウェポンを購入できる。
また、ボードマップから攻略するステージを自分で選択するようになっていて、ある程度自分の好きな順番でゲームを攻略できる。ステージクリアする、ワンミスするごとに1ターン経過し、
車両部隊や航空部隊がマスの上を動き、味方の本拠地に近づきすぎるとスクランブルとなり、強制的にその部隊の壊滅を求められる。近づく前に自分で選択して潰しておくことも可能。

シューティングでは珍しくライフ制を採用しており、やられづらい作りになっているのも好感触。

ゲーム開始時に性能の異なる3人のパイロットから一人を選択してゲームをスタートする(メインショットのレベルアップが早い、体力値が高い、サブウェポンの弾数が多いなど)。

このように本作は、ステージやパイロットを選んだりお金を消費して好きな機体を購入したり、自分で決められる部分がかなり多く用意されていて、自由度が高い。

全10面で、1ステージもさほど長くなく、すぐに終わってしまうが、ゲームバランスが丁度良く出来ており、難しすぎず簡単すぎずといった位置で、適度に歯ごたえがあって良い。
グラフィックや効果音なんかもスーファミ初期の作品としてはクオリティが高く、処理落ちも少ない。特にBGM(音質)がカッコいい。

目標に応じてスクロールが左から右に折り返したりするところも変わっている点だが、ステージ展開が少々乱暴なところが見受けられたのが強いて言えば気になる点ではある(敵戦闘機が障害物をすり抜けて移動するなど)。
とはいえ、何度も繰り返しプレイしても新鮮味を持って遊べるよう工夫を凝らしているところは高く評価できる。そこで結論。

漫画をゲーム化したものでは成功例の一つ。





[2011/01/26]
戻る

inserted by FC2 system