神機世界エヴォリューション


対応機種ドリームキャスト
発売日1999/01/21
価格5800円
発売元セガ

(c)1998 SEGA / ESP / STING
戻る

ドリキャス発、待望のロールプレイングゲームが、この「神機世界エヴォリューション」だ。
開発は、「トレジャーハンターG」「バロック」などを世に送り出してきた、スティングである。

ハード普及の一翼を担っている本作は、ライトユーザー向けのオーソドックススタイルなRPGだ。
間口が広く、わかりやすい、簡単という部類。
しかし少々露骨すぎるなあ。なんだか“初心者RPG”みたいな感じで、馬鹿にされてる気もする。
それに、元々は別ゲームの企画を中途で路線変更したんじゃ無かろうか。妙に込み入ったシステムも残っていたり、一貫性に乏しい。

まあグラフィックやディスクアクセスなんかは、マシンパワーの力押しでぐりぐり見せてくれる。ロードの快適さもなかなかいい。
ただ、力押し過ぎて、中身(エフェクトなど)がついてこれてない感じが残念。

ゲームは、自動生成タイプのダンジョンをクリアーして物語が進んでいく形式。
いわゆる「ローグ」とは異なり、レベルが戻ったりはしない。
これがなんとも、作業的で、開発期間をごまかそうという苦肉の策にしか感じられない。部屋のバリエーションも随分と少ないしねぇ。
指摘したとおり、難易度も低く大味で、かなりつまらない。

ちなみに、こういうゲーム内容は、当時の雑誌やラジオのインタビューで喋ってはいたのだけども、
ボスだけ極端に強いんだよなあ。こちらのレベルにあわせて登場するので、レベル上げれば楽になるってもんでもないし。
このいびつさでは、ライトなプレイヤーは投げるんではないだろうか。

冗長&単調な戦闘シーンに、手荒さが残るインターフェース。ハード立ち上げ期のゲームだもの、しょうがない。
ただ一つ、言いたかったことはこれだけだ。

無理はするな!墓穴を掘るぞ!





[2006/08/20]
戻る

inserted by FC2 system