神機世界エヴォリューション2 遠い約束


対応機種ドリームキャスト
発売日1999/12/23
価格6800円
発売元スティング

(c)1998 1999 STING / ESP / SEGA
戻る

ハード立ち上げ期に発売された一作目から一年待たせず続編登場。
オーソドックスなスタイルを継承した遊びやすさはそのままに、更なる作り込みが期待される。そこが本作の腕の見せ所だ。

基本的にシステムそのまま、ストーリー強化な作り。
劇的なグラフィック進化などはなく、描画エンジンもそのままで、新たな見所は無い。前作のキャラクタモデルは使い回されている。
ただし、弱かったエフェクト関係には手を入れられ、だいぶ見栄えが良くなった。

シナリオは、完全に前作の続きで、前作を遊んでないとちょっとつらい。説明もされないので。ついでに、ゲームシステムを解説してくれる人もいなくなっている。
イベントシーンは、声優の声があてがわれ、凝ったカメラワークとあわせると、なかなか頑張っている。

今回は、自動生成ダンジョンではなく、固定式とされているが、結局は長方形の部屋に通路を繋げて、申し訳程度にトラップを置いたローグ式で、単調さは否めない。
それと、ダンジョン攻略中に中断セーブが出来なくなったのはなぜ?脱出アイテムの入手が容易なのと、復帰先が前に訪れた階までいけるので、実質的にダンジョンを潜っている感覚はないのだが、やっぱりセーブするのに一々町へ戻らないとならないのは面倒だ。

相変わらず、難易度はゆるゆるで、前作以上に簡単である。アイテムも経験値も怒濤のように手にはいるし、そういう意味で緊張感は全くない。
アイテム関係では、かさばって大変だった回復アイテムを3つまで合成して1つにまとめることが出来るようになっている。

逆に、使いづらかったキャラクターが、扱いやすく改良され、好きなメンバーで気兼ねなくゲームが遊べるのは良い改善点だ。
そういう面で、ファンディスク的位置づけが強い気がする。

ストーリー重視を目指すなら、このダンジョン形式は義務的で、作業っぽさが強く、イメージコンセプトの「冒険」にはほど遠いと思う。
もっと世界観を作り込んで、小気味よく楽しませて欲しい。たとえれば、ダンジョンまみれのグランディアみたいなもんで、イマイチさが今回もぬぐえない。
新しい要素として、鑑定品を集める要素があるが、簡単な文章の解説だけでなく、絵も表示するようにしてくれると収集要素を焚き付けてくれたのだが…。

クリア後に、プレイ時間や戦闘回数などを集計してプレイヤーの上手さを評価してくれるのは思いの外良かった。
クリアにかかる時間は10時間ちょっととRPGとしては短めではあるが、何度も挑戦するには長すぎるので何回も遊ぶ気になれないのは残念。

冗長な戦闘シーンと、ワンパターンなゲーム展開をなんとかしてくれれば、そこそこ遊べるゲームになると思うのだが。出るかわからない続編に期待しておく。

前作が好きだった人向け。





[2006/09/12]
戻る

inserted by FC2 system