F-ZERO


SFC本体と同時発売されたうちの一本。

それまでレースゲームはこれといった面白いゲームは無いに等しく
また、見た目も似たり寄ったりでパッとしない物ばかりだった。

そんな中、F-ZEROは登場した。
本体と同時発売と言うこともあって注目度も高く、レースゲーとしては当時異例の売り上げを
記録したようだ。

まず、近未来を舞台にした独特の世界観はそれだけで非常に目を惹く物がある。
プレイヤーが操る機体も通常の物とは異なり、桁違いのスピードを叩き出す。
そんなはずはないのだが、こういう設定を理解した上でプレイすると
他のレースゲームに比べ、尋常じゃ無いスピードで疾走しているように感じてしまう。不思議な物だ。
とはいえ、そこら辺は小細工をしていて、過剰にスピード感を感じさせる
グラフィック構成になっているのは上手いと感じた。

ゲームそのもののクオリティも異常なほど高く、
ステージギミック、システム、音楽とどれをとっても一級品で、
方向性が同じのGBA版は、全然これに追いつけていない印象。
画面サイズの関係もあるのだが迫力が全然違う。

大体F-ZERO辺りからだと思うのだが、
タイムアタックの走り込みも非常に熱く盛り上がる。
それまでのレースゲーは、完走を目的とした物が主で、
制限時間がシビアに設定されていたが、F-ZEROにそういう物は無い。

一年ぐらい前か、未だにファミ通でミュートシティのタイムトライアルに挑戦している猛者がいるぐらいで
言うまでもなく、根本の操作性や挙動がしっかり練り込まれているからこそ
ここまで盛り上がるのである。
車の挙動にクセも無く、遊びやすく、単純に動かしていて気持ちがいい。
これはかなり重要な要素である。

サテラビューの音声連動放送にも白羽の矢が立って、
それでしか遊べない奇を衒ったコースが多数用意されたりもした。





inserted by FC2 system