ファザナドゥ


対応機種ファミリーコンピュータ
発売日1987/11/16
価格5900円
発売元ハドソン

(c)1987 HUDSON SOFT / Falcom
戻る

パソコンで発売され絶大なヒットを飛ばした日本ファルコムの出世作「ザナドゥ」のファミコン移植版。

パソコンやアーケードなど、他機種の人気作品のファミコンへの移植というのは、大抵がスペック不足で満足に再現できてないものが多い。
それでも、ファミコンへ移植されることに対して期待してしまうのは、他のゲーム機と比べると、圧倒的知名度と普及台数を誇っていたからだろう。

「ファザナドゥ」も例に漏れず、がっかりさせられた移植作品となった。
ただ、ここで言うがっかりというのは、他の移植作で言われているがっかりとはちょっと事情が異なる。

「ファザナドゥ」の場合、移植というよりは、パソコン版をベースとした全く別物のゲーム内容になっていたからだ。
移植というからには、当然パソコンで話題になっているあの「ザナドゥ」が体験できることを期待して買う。
しかし蓋を開けてみれば、ぜんぜん違うゲーム。これでは不評を買っても仕方がない。

だが、断っておくと、ゲーム単体で見ると、決して出来は悪くない。
グラフィックの雰囲気はいいし、敵を倒して経験値とお金を集めて、装備品を買い替えて強くしていく要素や、キーアイテムを探しまわるなど、かなりいい感じのアクションRPGとしてまとまっている。
これは「ザナドゥ」にあった、マニアックな要素を削ぎ落として、間口が広くだれでも楽しめるようにリメイクされたとゲームと言えないだろうか。

ちょっと気になった点としては、敵の配置とアルゴリズムに一部難があり、ダメージ覚悟で切り抜けなければならない場面が数多くあったのは残念。
特にはしごの昇り降りの地点で、こちらは何も出来ないのに敵が寄ってきて待っているという状況が多く出来てしまい、強引に抜けるしか無いようになっている。
それ以外のアクションのできは、割としっかり作られていて、悪くない。

ファルコムが直接ファミコンに持ってきて、リメイクという触れ込みで売りだせばここまで悪評が立つこともなかったのだろう。
いくら遊べる水準のゲームと言っても、「ザナドゥ」の移植版なのに、どこか移植元のハドソンのアクションゲームみたいなノリがあるのは、確かにちょっと違う気もする。
(ハドソンが余計なことした!みたいに神経を逆なでさせたのかもしれない)
さすがに、桃太郎とかスリの銀次をお遊び程度とはいえゲーム中に登場させるのはどうかと思う。そこで結論。

リメイクという文化がなかった時代に生まれた不遇の作品。





[2014/10/30]
戻る

inserted by FC2 system