フェーダ THE EMBLEM OF JUSTICE


対応機種スーパーファミコン
発売日1994/10/28
価格9990円
発売元やのまん

(c)1994 YANOMAN / MAX ENTERTAINMENT
戻る

メガドライブを代表するS.RPG「シャイニングフォース」のスタッフが製作した完全新作S.RPG。
渋い世界観と、ゲーム中の戦い方によって、称号が変化し、それにより仲間になるキャラ、ストーリー、エンディングが変化するシステムが特徴。

ゲームシステムやインターフェイスは、「シャイニングフォース」を踏襲しているようで、色々新しくなっている。意識的に変化させている部分もあるのだろう。

ワールドマップの移動画面は、場所を選択し、日数を経過させて移動するSLG的な方式に変わった。
町の探索画面は残されているが、壺や樽を調べても何もないのがほとんどで、隠しイベントなどを探す楽しさもないので、これもバッサリなくしても良かったと思う。

インターフェイスが良くない。
「シャイニングフォース」では十字型のアイコンが、見栄え良く操作もしやすかったが、今作ではアイコンを使っているが、文字情報も多くまとまりが良くない。
特にアイテム売買や部隊編成の画面もどこかこなれてなくて、アイコンと文字ウィンドウのどっちを見ればいいのか混乱することが多い。

また、全体的にレスポンスが悪く、軽快に操作ができない。ここはS.RPGの肝となる要素である、頑張ってほしかった。

このゲームの特徴は、やはり戦闘シーンのダイナミックに描かれるアニメーションだろう。
味方キャラに至っては、使い回しがなく、全キャラにオリジナルのアニメパターンが用意されている。
そして当たり前のようにクオリティが高い。
敵ユニットも、使い回しこそあるものの、種類ごとにちゃんと作り変えられており、非常に見応えある動きでプレイヤーを楽しませてくれる。
この辺は本当に素晴らしいというほかない。スーパーファミコンでは最高峰のグラフィックと言っても過言ではない水準だ。

肝心のゲーム内容だが、どうにも作り込みが足りておらず、今ひとつ惜しいところに収まってしまっている。

敵をただ全滅するだけでない、クリア条件の提示や、倒した(殺した)敵の数がカウントされていき、それが称号へ影響をもたらすシステムは面白い。
だが、このゲームに限っては、イマイチ活かしきれてない印象で、そのせいで窮屈さを感じさせてしまっている。

例えば、敵を倒さずに、無視して特定地点まで移動するというステージ、あるいは、ボス級の敵だけを倒せというステージがある。

だが、敵配置やルーチンが工夫されていないので、移動経路を塞がれてしまったりなどして、倒さず進めるのがかなり難しくなっている。

問題なのは、敵を無効化させる手段が、敵を倒すしかないためで、麻痺や眠り、暗闇といった状態異常などで無効化出来るやり方さえあれば、だいぶ違ってくる。
そういった手段はほぼほとんど存在しないので、なんだかやりこみ制限プレイをやらされてる気分になって、凄く遊びづらい。

いくらマニア向けの路線と言っても、これはないだろう。戦略に爽快感や達成感がなく、つまらないことを強制されているようでウンザリする。

一方で、称号など気にせず、敵を虐殺し続ける進め方にも、きちんと違った展開が用意されているのは面白い。
しかし、このゲームは一周クリアするまでのプレイ時間がそれなりに長く、何度もプレイして、その違いを確かめようという気にはなかなかなれない。

テキストの誤字がかなり多かったり、細かいバグが残っていたりするのも、作りの荒さを感じさせる。

難易度は、終盤になってようやく歯ごたえが出てくる程度で、基本的にはぬるい。
それに加え、かなり凝ったバトルアニメーションが仇となったのか、テンポが悪く、遊んでいてだるく感じるところが多かった(双方、移動だけでターンが消費される配置にも問題はあるが)。
また、敵味方が好きなユニットを交互に動かすというS.RPGとしては変わった形式を採用しているため、よほど動かす順番を間違えさえしなければ、負けることは殆ど無い。
ユニットがやられてしまっても、簡単な収容所ミッションをクリアすることで取り返せるので、そこまでやられることにデリケートになる必要もない。

細かなディテールまで描かれた最高級のバトルアニメーション、称号制度による物語の変化、戦争にRPGの伝記モノを上手く組み合わせた渋く作り込まれた世界観など
光る要素は満載だし、着眼点の良さも素晴らしいのだが、どうにもツメが甘かったのか、作り込む時間が足りなかったのか、非常に惜しい出来栄えになってしまっていることが残念でならない。そこで結論。

もっと磨けばかなりの名作になった作品。





[2017/02/22]
戻る

inserted by FC2 system