ファイナルファンタジー4


対応機種ワンダースワン(カラー専用)
発売日2002/03/28
価格5200円
発売元スクウェア

(c)1991 1997 2002 SQUARE
戻る

ファイナルファンタジーの1と2がリメイク移植されてきたワンダースワンで、あらたに4が仲間入り。
3はどうしたの?というつっこみもしたいところだが、元々がSFCの作品をどの程度まで再現出来たのか。

正直な話、FF1や2と比べると、急いで作ったのか、適当な作りである。マップチップが描き直されているが(ただ、色遣いが暗いのがつらかった)、それ以外、たとえば戦闘エフェクトなんかはそのままなので、古くささ、ベタ移植感がぬぐえない。
飛空挺に乗った時の、視点が斜めになる処理なんかはWSで再現するのは無理だったらしく、画面下半分を伸ばす処理をすることで、強引に立体感を出そうとしている。ぶっちゃけ、かなり見苦しいし、視界が狭まって見づらくなっただけだと思うのだが。
そこまで無理しなくていいのに…。発表から発売までもかなり早かったし、なんちゅーか、映画の失敗の埋め合わせ感がバリバリだ。

音楽の打ち込みも、ようするにファミコン音源で鳴らしてるっちゅう感じで、落差が激しい。
前の1とか2とかは、もっと丁寧な音質だったと思ったのだが。

追加要素などは一切ないものの、移植自体はそれなりに、ハード性能を考えると及第点と言える。
飛空挺以外の、拡大縮小を駆使した演出シーンは、違和感なく再現出来ているのも良い(さすがにモザイクは無理だったようだけど)。
画面が狭いので、文字やキャラが詰まって全体的にごちゃごちゃ見づらいが、仕方ないだろう。

がんばれスクウェア!映画の失敗程度でくじけるんじゃないっ!





[2006/06/22]
戻る

inserted by FC2 system