スーパーマリオサンシャイン


ニンテンドー64と同時発売され、多くのプレイヤーを魅了した
スーパーマリオ64がパワーアップしてゲームキューブで登場。

ポリゴンで構成された3Dの箱庭空間を効果的に使った
アクションアドベンチャーは、マリオ64以後、一つのジャンルとして定着し
数多くの作品が主に海外ソフトハウスを中心に開発され世に出てきた。

この手のゲームに共通するのは、箱庭のステージを探索し
イベントを探して、その解決法を見つけそれを実行し
そのクリアした証として先に進むために必要なキーアイテムを入手出来て
それを一定数集めることで、次のステージへの扉が開くという流れ。

スーパーマリオ64は、その先進的なゲーム内容もさることながら、
これ僅か一本で、このジャンルのマニュアルを確立させたという側面もあり
偉大な功績を残したゲームだった。
RPGでいえば、物語性が強く、スキルのカスタマイズやジョブチェンジといった
今では当たり前のシステムが全て詰まった物がドラクエ1の時代に出てくるような物だ。

残念ながら、そんなマリオ64の続編の位置づけにある本作は
守りに入ってしまったのか、新しい試みが全く無く、
前作の方法論にどっぷり使った作品になってしまった。

不幸なことに、このゲームは同社が64時代に出していた「バンジョーとカズーイの大冒険」や
「ドンキーコング64」よりも、内容自体が負けてしまっている、という点にある。

アクション色とアドベンチャー色のどちらも強化させようとした結果からか、
どっちつかずな感じになってしまって、今ひとつ面白くない。

そもそもマリオ64のステージ構成はアスレチックアクションの向きが強く
クリアに必要なスター集めの攻略も頭を使うのはたまにで、
殆どが体を動かして取る物ばかりだった。

そこをマリオサンシャインでは、レア社の「ドンキー64」辺りのように
世界観と、マリオ64の高いアクション性の両立(合体)を目指したせいで
あわさった結果、イマイチな出来具合になっている。
例えば、穴に落下して死ぬ転落死という概念が無くなったり、
思い切りアクションさせる空間も少ない。
かといって、ステージ上を探索してシャイン(マリオ64でいうスター)探しが
楽しめるほど造形が面白くないし、あまりステージが広く無い。
おまけに、ドルビック島という南国の島に舞台を制限されているので、
ステージ構成に意外性が無い。似たり寄ったりなのだ。

「ドンキー64」では、退屈させないように、収集物を他にも沢山用意させるという
工夫が見られたが、本作ではあまり無駄な要素は追加せずばっさり切り捨てられている。

アクション性が強いと言うことは、やれることやれないことの判別が難しく
イベントクリアまでやらなければならない手順を見失いやすい。
そのため一度詰まってしまうとなかなか抜け出せない。
また、ヒントの出し方がシャインによってまちまちで、どうにもぎこちない。
(アクションの腕そのもののバランス取りも突然難しくなってみたりとちょっとちぐはぐである)
全くのノーヒントで隠されているものもあって、理不尽さが残る。

ステージ数が全部で7つというのも、少ない。
前作でも全15ステージというのは少ないと発売当時は言われていたのに
さらに少なくしてしまっている。
そのぶん、ギミックが詰まってはいるが、
全体の印象としてはぎゅうぎゅう詰めで、かなりうざったい。
開発期間の関係で少なくせざるを得ない事情は分かるが
なにか一工夫して頑張って欲しかった。

新アクションとして導入されたポンプアクションは
ただのアクションの一つとしてしか使われておらず、
発売前のウリで紹介されていた
「落書きや汚れを掃除する楽しさ」を味わえる機会が驚くほど少ない。
これは、勿体ないと言わざるを得ない。
前作では無駄に用意されたアクションの数々が
まるで自分の手足のように気持ちよくコントローラの反応に応じてくれて
動かしているだけでも面白い(というのは言い過ぎだが)ぐらい、動きが豊富だったのだが
今回は使わないアクションは端折られているために、動きが固い、というか
操作していて面白いと思えるほどの動きをしなくなってしまった。
ここはマリオ64の独壇場であったゆえ、残念でならない。

意地悪い場所にばかり隠された青コインを10枚集めることで
シャイン1枚と交換してくれる人物がいるのだが、
ここで入手するシャインの数があまりにも多く、
さらに、気付かなければ分からないまま終わるぐらいわかりにくい
仕掛けも目立つ。
ミニゲームも前作よりさらに種類が増えたのはいいが、
明らかに調整不足と思えて仕方のないほど操作が劣悪なものが幾つかあり
細かな部分での配慮が足らず、全てのシャインを集めきる前に飽きてしまう。

特に、コンプリート目指してプレイしていれば、青コイン探しで煮詰まってしまい
ただひたすら隅々まで探し回るのは苦行でしかない。

やはり、同ジャンルの他のゲームと比べると、今ひとつ弱い。
グラフィック(水面の映像は他では真似出来ないほどのすごさはあるが)にしろ、
内容にしろ、無難にまとめようとしすぎて
つまらなくした感がある。
天下の任天堂がこんな調子では、この手のゲームは海外ソフトメーカーの方が
上手く作れるのではないかと思えてしまうぐらいがっかりさせられたゲームであった。





inserted by FC2 system