イズ インターナルセクション


これは、一体何に楽しみを見いだせばいいのかがよく分からなかった。

ビデオドラッグのような、直接、脳に訴えかけるような独特なビジュアルが新鮮。
但し、それだけ。
テクノ系、ダンス系サウンドを具現化したようなグラフィック。
まるで、ピカソの絵画のような印象を与える映像は良いと思う。
PS2/DCでRezなんてあったけど、あれみたいな感じ。

Rezはやったことないから比べることは出来ないんだけど、
こっちのゲームはギャラクシアンを3Dにしたような、ちゃちいSTG。
何故、ギャラクシアンかというと、自機は左右にしか動けないから。
一応、円を描くように動くから見栄えはいいけどさ。
このゲームは、音楽にシンクロして敵の出現が変わるように出来ているらしい。
それで、市販の音楽CDと入れ替えて、音楽を変えて遊ぶことが出来るんだけど…

敵の配置全く変わってないんですけど?

これは、かなりウリにしていた部分だけに詐欺行為といわれてもしょうがないと思う。

説明書は無いし(マジです)
メニュー画面も説明不足でわからない。
デザインばっかり凝っちゃって、大事なことを忘れてしまっている。

STGには欠かせない、敵を倒していく破壊感、爽快感も全く無い。

結局、妙ちきりんなデザインの敵とボスをスペースインベーダーに毛を生やした程度の
ゲーム性で淡々とすすめていくだけ。

これで定価5800円はJAROに電話しても無問題レベル。
ぼったくっても1500円がいいとこだろ。



inserted by FC2 system