実況おしゃべりパロディウス


SFCオリジナルの本作が一年の時を経て、PSとSSへ移植された。
その際に、スペック上不可能だった2人同時プレイやグラフィック&演出部分を強化し、
新たなゲームも追加した至れり尽くせりの移植内容となっている。

今回は、題名の通り、ゲーム中に実況が入る。
なんとあの八奈見乗児が実況してくれるのだ。
八奈見乗児が自分のプレイに合わせてぼやくだけでも、それだけでもう十分盛り上がる。
お惚けなボスの登場シーンで冷静に冷めた突っ込みを入れてくれるだけでもう笑える。堪らん。

ステージ構成は、ほぼ全てコナミ作品のパロディになっている。
2ステージはときメモステージだし、他にもツインビーステージやゴエモンステージもある。
これらは、非常にコミカルで、これの一ヶ月前に出たセクパロのストイックさとは正反対である。
当然ながら、各作品の雰囲気を上手く出せており、またそれらの作品を分かっているギミックの数々に好感を持った。

全体的に親切な作りになっていて、ゲームバランスもごく一部詰まる箇所はある物の
基本的にゲームクリアしてもらうことを前提とした作りになっている。
あまり意地悪な仕掛けはなく、非常に間口が広い。
難易度設定で一番簡単にしてやれば、誰でもクリアできるだろう。
今回のは、難易度可変しないので、最初に設定した難易度のまま最後まで進むため、
自分の腕に合わせて遊ぶことが出来る。

元々が家庭用と言うこともあって、それを意識した要素も入っている。
ステージ上に隠された妖精を見つけて集めることでオプション内容が追加されていく。
一部の見つけ辛い妖精に関しては実況で教えてくれたりするので親切である。

ただ、元がSFCということもあって、全体的にチマチマとしてしまっている。
ボスと言っても、どれもがアーケードのパロディウスのそれと違って、小さめである。
巨大な敵は皆無と言っていい。
ゲーム中で巨大戦艦と言われる敵も、実際には画面に収まりきる程度の大きさだ。
良く言えば緻密なのだが、迫力に欠ける。
演出面が強化されたと言っても、どうにもチープな感じも否めない。

他にもPS&SS版では色々なモードが追加されたのだが、あるのか無いのか分からないほど存在感が薄い。
新たな内容を追加しようと言う心意気は評価できるのだが、勿体ない。

コナミ作品のパロディばかりなのは、ネタが尽きてきた感が漂うが、これはこれで面白い。
やはり実況が搭載されているのは新鮮で、それだけでもかなり引っ張れている。

これも俺はSS版を買ったのだが、PCで見れる開発裏話では、
どうやらPS版とSS版は性能の違いでかなり内容が違うらしい。
パッと見、発売時期も一緒だし、中身も違いがないように思えたのだがこれは意外である。
ただ、そこら辺は平等の中身にしようと言う摺り合わせはしていたようだ。
(例えばPSは性能上出来ないことを他のモードで補ったりSS版は長所を強化するなど)




inserted by FC2 system