サンリオキャラクターズピクロス


対応機種ニンテンドー3DS(ダウンロードソフト)
発売日2018/04/25
価格700円
発売元ジュピター

(c)2018 Jupiter
戻る

「ピクロスe」のジュピターが送る、サンリオのキャラクタを使ったピクロス。
内容的には殆ど「ピクロスe」そのまんまで、問題の題材となる絵がサンリオのキャラクタになったものだ。

「ピクロスe」そのまんまと言っても、UI周りは丁寧に作り変えられており、全体的には良く作り込まれている。

このゲームならではのモードとして、デコというものがあり、問題を解くと手に入る台座やシールを集めて、台座の上にシールをペタペタ貼って遊べる。
まあ、それだけなのだが、シールの種類がとにかく豊富で、ゲームに直接関係ない部分とはいえ、「このボリュームで本当に700円で良いのか!?」とちょっと目を疑ってしまうレベル。
とにかく種類が尋常じゃなくあるので、適当にデコっているだけでも楽しい。

具体的なゲーム内容については「ピクロスe8」辺りとほぼ同様なので、詳細は「ピクロスe」シリーズを参照してもらいたい。

収録問題が150問、それをメガピクロス化した150問の合計300問に、ミクロスが3問の大ボリュームだ。

今回は若年層向けということもあり、難易度は比較的抑えられている。
が、いわゆる難問クラスの問題が無いものの、それなりに頭を抱える問題が入っている程度の難易度設定にはなっているので、ピクロス好きでも十分楽しめるんじゃないかと思う。

なぜ版権モノに手を出したのかと言うと、おそらく、オリジナルでの問題の製作が厳しくなってきたんじゃないかと思う。
「ピクロスe」は毎回1作で150問もの問題が収録されていたが、その規模で「ピクロスS」も含めると実に9作品もリリースしてきた。さすがに答えのネタ出しが、段々と大変になってきたんじゃないだろうか。
近年では「ポケモンピクロス」や「ピクトロジカ ファイナルファンタジー≒」など、他社とのコラボ作品も出てきていたのは、ネタ出しに苦労していたからに違いない。

それらと違って、今回は、ジュピターの自社のみで、しかもサンリオというキャラクターを使ってゲーム化出来たというのは、今後のシリーズ展開に期待を持てるものなのではないだろうか?
今後の展開にぜひ期待したい所だ。そこで結論。

ピクロス好きなら遊べ!!





[2018/05/12]
戻る

inserted by FC2 system