ロマンシングサガ2


かなりのてこ入れをはたして登場したロマサガシリーズ2作目。

前作の不満点の多くが改善されている。
恐らく、好意的な感想と同じぐらい、不満の声も多かったと思われる。

そして、それがロマサガの進化を促したと言っても過言では無い。

まず、ゲーム目的が希薄であった前作に対する解決策として
小国の全土統一という目的を持たせている。
膨大な広がりを見せた前作の世界だが、本作も例外ではなく、さらにフィールドが広くなっている。
一つ一つのエリアを踏破し、自国の領土にするためにイベントをこなしていくのは
なかなか面白い。
自分の国の領地に支配するという行為はあまり良い印象を持たないかもしれないが
本作では、支配的な行動を取らされると言うよりは、
その土地その土地の問題を解決していくという感じで、嫌らしさは無い。

気が滅入る数の敵は、ちゃんと適度な数へ調整が施され、
こちら側はダッシュが出来るようになって、避けるのも容易になった…
ように思ったのだが、ダッシュすると視界が狭まって自分の周りしか見えない。
ダッシュする際に、視界が狭まる演出が入り、しばしば動きが止まるのには参った。
敵の挙動もくせ者でそう簡単に避けさせてはもらえない。
しかも、ダッシュ状態で敵と接触すると陣形を乱されると言ったデメリットも背負うようになった。

武器の熟練度はFF2方式になり、キャラ育成を楽しめる形になり、
戦闘中に技をひらめくというシステムの導入で、戦闘が劇的に面白くなった。
いつひらめくかというのは完全に運なので、とにかく1ターン1ターン、
ピコーンと電球が出るのを期待してしまうし、出た瞬間の喜びは堪らない物がある。
技のどれもがユニークな物ばかりで、
一度覚えた技は蓄積されていくので、集める楽しみもある。
また、武器の種類も大幅に増えて、バリエーション豊富で、個性も出せるようになった。
戦闘終了時にHPが自動回復する(この際に回復アイテムを消費すると言ったことは一切無い)ようになり、
より一戦一戦をシビアに集中して楽しめるようになった。
回復アイテムの残り数に悩まされる必要が無くなったのだ。

一つのイベントを終えると、次の世代へバトンタッチされる。
この際に主人公の国王はある程度の能力を受け継ぐが、仲間は一から構成し直さなくてはならない。
ゲーム進行に合わせて、仲間にするキャラもそれなりに強くはなっているのだが
この再編成に対する装備品や技のカスタマイズに無駄な時間を取られる印象を受けた。

イベントの数も膨大で、自国を発展させる要素もあるのだが、さほど複雑では無く、
普通のRPG感覚で十分。

敵対する七英雄も、敵としては魅力十分で、倒すのに非常に燃える。

伊藤賢治の音楽もようやくこなれてきて、かなり熱い聞き応えのある楽曲群で
ゲームを盛り上げてくれる。
スピード感があり、嫌でもテンションが上がる構成には頭が下がる。

とはいえ、やはりロマサガ。
ゲームとしての難易度はやはりまだ高めで、忍耐強い人じゃないと楽しめない。
相変わらず、レベル上げで場を凌ぐというごり押しが出来ないので、
シビアにプレイヤースキルを求められるためだ。
しかし、システム的に理不尽さが残っていた前作に比べると、かなり楽しめるゲームになったことは確か。
きちんと敵の攻撃に対する対応策も用意されている。




inserted by FC2 system