ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島


対応機種プレイステーション4
発売日2018/12/20
価格7800円
発売元スクウェアエニックス

(c)2018 SQUARE ENIX / ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SUGIYAMA KOBO / KOEI TECMO GAMES
戻る

「ドラゴンクエスト」が「マインクラフト」に挑戦した「ドラゴンクエストビルダーズ」の続編。
今作の開発は、コーエーテクモゲームスで「無双」シリーズを代表作に持つオメガフォース。

ゲームとしての作りは大枠は一緒で、これといった程の大きな変化はないのだが(勿論色んな部分が変わっているのであるが)、前作で不満点として挙げられた要素を徹底的に洗い出して改良していっている。
例を出すと枚挙にいとまがないのだが、例えば、武器の耐久値がなくなり耐久値を気にする必要がなくなった、UIがより使いやすく再構築、レーダーマップがより見やすく、ワープ機能で移動の手間が軽減、ダッシュ移動ができるようになった、
拠点(町)がイベント戦闘によって破壊されても自動で修復してくれる(そもそも破壊されることが殆どなくなった)、前作は完全なステージクリア制であったが、今作はからっぽ島を起点に前のマップに戻れるようになり手に入れた素材もなくならない(ただし新しいステージには持ち込めない)、
一人称視点が追加された、オンラインマルチプレイに対応した、などなど。全てではないが、より便利に遊びやすく、地味な改善が効いていて、グッと完成度が高まっている。

相棒キャラとしてシドーがついてくるのだが、これがまたいい。ドラクエ2を知っている人からすれば、「あのシドー!?」となってしまう意外性があって、当然ストーリーにも密接につながっている。
シドーは、近寄ってきた敵と戦ってくれるし、主人公より強い。素材集めのときも一緒になって同じ素材を集めてくれる。
喋らない主人公の狂言回し的な役割としてもしっかり機能していて、ゲームとしての相棒システムをきっちりと使い切っている。

前作では、ストーリーモードとフリーモードが完全に分離した作りであった。
そのためもあってか、サンドボックスの面白さを堪能できるかというと、その導線は弱くて、ちょっと微妙な部分があった。
今作では、その2つをからっぽ島という存在をうまく使うことで、上手に融合を果たしており、サンドボックス(物作り)の楽しさを手軽に味わえるよう工夫が施されている。
からっぽ島ではクリアに関係ないミッションがたくさん用意されており、やり込めばやり込むほどご褒美がもらえる。
また、開拓と称して、ストーリーの進行に伴ってある程度の土台を作るようになっており、ゲームを進めながら、サンドボックスの面白さを疑似体験できるようになっているのもうまい作りだ。
ゼロから作っていくのは厳しい、だけど、作りかけの状態だったら、それを元に作ってみようという気持ちになれる。この考え抜かれた作りは、脱帽というほかない。
これらの要素を盛り込むことで、サンドボックスの物づくりを楽しんでもらおう!という意図が強く現れている。そして、前作以上にそれは成功していると言える。

ストーリーはよりダイナミックに面白く、冒険する割合は前作より強まっていて、よりRPG色を強く、ゲームとしてはますますドラゴンクエストとなることで、本編はとっつきがよく、間口が広まっている印象だ。

不満点は全くと言っていいほどない。
相変わらず、前作と同様に、MMORPGの小クエストを連続的にこなしていくようなところが野暮ったいだとか、一つのボタン、特に決定ボタンに機能を詰め込みすぎだとか、ビルダーハートを拾うのに一々鐘を鳴らすのが面倒だとか、敵が多くて(特にからっぽ島)うざったい、各島の拠点(町)が全体的に狭い、ビルダーパズルがいまいち何をしていいのか分かりづらいなど、そういう細かい不満点はあるのだが、実のところ重箱の隅つつきに過ぎない。

ゲームを始めてしまうと、時間を忘れて夢中になってしまうテンポの良さがあり、気づけば満腹度が0%になっていることが多々あるほどで、とにかくシステムのさじ加減が絶妙で非常に面白い。
こういった感じで、気がつけばダラダラと遊んでしまうゲームなので、約30分おきにオートセーブしてくれるという機能はありがたかった。

前作で感じた「何をすればよいのかわからなくなってしまう状態」が完全に解決しているし、戦闘パートは難易度が更に落ちていてプレイヤーに手先の器用さを必要としない配慮があり、シドーはじめ町人などNPCに任せておける。
対応ハードからPS3やPSvitaを切ったことで、表現力が上がっていて、ワラワラと敵味方がぶつかりあい戦う姿は、まさに無双っぽくて気分が良い。ただ、敵と味方の体力ゲージが一緒なので乱戦になるとわけが解らなくなるのは何とかして欲しかった所。個人的には無双よりも、ピクミンに近いものを感じ、変な優越感を持ちながらプレイしていた。

前作でやり残したことをやり切ったり、不満に挙げられていただろう部分をキッチリ解消していったという風で、ドラクエらしい手堅い続編に仕上がっている。これには、まさに安心の一言。

ストーリーモードとフリーモードが上手に結合し、さらなる遊びやすさを提供した傑作!





[2018/12/31]
戻る

inserted by FC2 system